うつわ本舗 かごの中身をみる
http://utsuwahonpo.com/
HOME 会社概要 ご利用案内 今季特価品 商品一覧 お問い合せ
全商品
特価品
刺身鉢
向付
小鉢
高台小鉢
小付
蓋付珍味
珍味
松花堂
蓋向
円菓子碗
むし碗
小吸物碗
セイロ・蒸し器
付出皿
さんま皿
焼物皿
焼物皿千代口付
焼物皿仕切付
串皿
仕切付オードブル皿
天皿_呑水
呑水
丸大皿
丸和皿大
丸和皿中
丸和皿小
のり皿・銘々皿
小皿
長角大皿
角大皿
角和皿中
角和皿小
萬古焼大皿
竹製品
変形和皿大
変形和皿中
変形和皿小
楕円鉢
大鉢
盛鉢大
盛鉢中
盛鉢小
焼酎サーバー・アイスペール
冷酒器
酒器
民芸酒器
ヒレ酒
ワイン・ぐい呑・盃
カンピン・骨酒
カスター
卓上小物
演出小物
灰皿
箸置
スプーン・レンゲ
そば用品
めん皿・めん鉢
蓋丼
飯器
小丼
茶碗・特大
茶碗・大中小
子供茶碗・子供食器
ビール・焼酎カップ
ロックカップ
ビビンバ・チゲ鍋
土瓶
急須
ポット
寿司湯呑
夫婦湯呑・夫婦茶碗
長湯呑
蓋付千茶
千茶・玉湯呑
抹茶碗
茶道具
汁次・アラ入れ
小鍋
土鍋
ごはん鍋
陶板・柳川鍋
アルミ鍋
鉄器・石板 他
蒸鍋・タジン鍋
コンロ用アミ・焼杉台
コンロ
土瓶むし
洋食・洋風珍味
洋食・仕切皿、ビュッフェ皿
洋食・プレート
洋食・ボール、鉢、小皿
洋食・パスタ皿
洋食・グラタン、ココット
洋食・スープ
洋食・無地コース料理食器
洋食・柄入コース料理食器
コーヒー・紅茶
カトラリー
ラーメン丼
中華・カスター
中華・コース料理食器
テーブルマット
ギンス
漆器
ガラス
ゆかた・履物
業務用家具
消耗品
今季特価品
今月の予定
来月の予定
営業時間AM9:30〜PM6:00

うつわ豆知識
うつわ概要
業務用食器について
釉薬(塗料)
模様
レイアウトの仕方
器の名前と用途


第四章 模様(加色技法)

印花(いんか)
印花 文様を彫った木版などで、生乾きの生地に文様を施したものである。
広い意味では縄文土器の縄文もこの技法であり、焼き物の装飾技法としては古い手法である。

透し彫り(すかしぼり)
透し彫り 生地を釘、錐などで彫って文様をつける装飾技法の1つ。
器の表から裏まで穴をあけてしまう方法。
量産品は型で上手に透し彫りしてしまうものが多い。

蛍手(ほたるで)
蛍手 素地を透し彫りにし、その透かした所に透光性のある泥を埋め込んで焼いたもの。
その部分が光を透すため彫り込んだ文様が浮き上がって高雅な趣を出す。

吹墨(ふきずみ)
吹墨 霧吹きなどで顔料を吹きつける技法で染付によく用いられる。
文様のまわりに吹きつけたりする。

呉須濃み(ごすだみ)
呉須濃み 染付の加色技法の1つで、素地に輪郭を線画きしたあと、
太めの筆にたっぷりと呉須(酸化コバルトを含んだ鉱物で、染付の顔料)を含ませて、
その内側全体をむらなく塗る。
筆による呉須の濃淡がきれいに現れる。

掛け分け(かけわけ)
掛け分け 二種類以上の色釉を分けて掛け流す施釉方法。
1つの器に多種類の釉をかけることで、いろいろな色彩の景色を楽しむことができ、近年多く見られる。

練り込み(ねりこみ)
練り込み 色が異なる二種類の陶土を何重にも重ねたり、練り込んだりして変化に富んだ縦模様を出したもの。

釉裏金彩(ゆうりきんさい)
釉裏金彩 金粉や金箔の上に透明な低火度釉をかけて焼き付けるもの。
金絵の感じがやわらかい風合となり、又、金がはがれにくい。

一珍(いっちん)
一珍 紙の袋の先に細い管状の金具をつけたスポイト状のものに入れた化粧土をしぼり出しながら線状の文様を描いたもの。
陶器に多く用いられる技法で、最近は化粧土に色をつけた色一珍も多い。

掻き落し手(かきおとしで)
掻き落し手 生乾きの生地に化粧土を塗り、へらや金属片などでこの化粧土を掻き落として文様を描く技法。
掻き落した文様は生地色が出て、化粧土とのコントラストが生じる。
中国やギリシャなどにも見られる。

飛びかんな(トチリ)
飛びかんな 生乾きの生地に薄い金属片をあて、その弾力でブルブルと彫り趾をつける手法。
小鹿田焼や小石原焼などに多く見られる手法。

三彩(さんさい)
三彩 素地に直接緑、茶、白、黄などの低火度釉をかけて焼き上げた軟陶。
2〜4色のものが多く、唐三彩などが有名

象嵌(ぞうがん)
象嵌 素地にへらなどで文様を彫り、そこに他の色の土や化粧土を埋め込むことにより、文様を浮き上がらせる手法。
焼き物ばかりでなく刀剣や鏡などにもこの技法は多く使われる。

三島手(みしまで)
三島手 朝鮮系の焼き物で、縄文状の文様をへらで彫ったり、木型で押し、
上から白化粧して刷いて拭き取ると凹の所に白化粧がうまって象嵌をしたように見える。
白と黒の連続模様が三島神社の暦に似ていることに由来した名前。
象嵌の一種。

刷毛目(はけめ)
刷毛目 李朝陶器の代表的な手法であり、色土の素地に白化粧を筆などで一気に無造作に刷くもの。
色土に濃淡のある刷毛目模様が素朴で簡素な味わいを出す。

色絵加色技法・絵柄
交趾(こうち)
交趾 明代に中国で焼かれた三彩陶。
交趾とは南ベトナムの古い地方の名で、交趾通いの船からこの種の焼き物を輸入したことからこの名がついた。
緑、黄、紫の三色のうち、特に黄に人気がある。

万歴(ばんれき)
万歴 中国明王朝14代万歴帝が好み保護した焼き物。
景徳鎮の官窯で焼かれ、緻密かつ華麗な赤絵がつけられた五彩磁器。
我国でもこの絵風に似たものを万歴赤絵と称す。

金襴手(きんらんで)
金襴手 色絵の生地の上に、金銀彩で文様を施した繊細で華麗な焼き物。
我国では特に有田で作られたものが代表的で古伊万里様式とも言う。

祥瑞(しょんずい)
祥瑞 中国明代末期の器の底銘に「祥瑞造」とある所からこの名の由来があるとされる。
亀甲や紗綾形などに地紋に人物や松竹梅などをあしらい吉祥文としている。

瓔珞文(ようらくもん)
瓔珞文 古代インドの貴婦人の装身具を文様化したもので、吉祥柄とされる。
古伊万里や仁清などに多く見られる。

花唐草(はなからくさ)
花唐草 草、花などが連続反復するうねりの絵柄を唐草文と言うが、唐草文様のルーツは古代エジプトの蓮だとも言われる。
日本人好みの絵柄で、牡丹・菊・桐などをあしらった唐草が多く見られ
る。

四君子(しくんし)
四君子 めでたいことを表す吉祥柄の1つで、梅竹菊蘭の4つの花絵を文様化したもの。

吉の字(きちのじ)
吉の字 1文字柄の1つで、縁起の良い福寿の文様。
他にも福、祥、雪月花などいろいろな文字が使われる。

雲錦手(うんきんで)
雲錦手 桜と紅葉をあしらった色絵の描法。
花の雲、紅葉の錦の意味で、尾形乾山の作品などに多く見られる。
HOME 会社概要 ご利用案内 今季特価品 商品一覧 お問い合せ

Copyright(C)2003-2005 うつわ本舗 All rights reserved.