うつわ本舗 かごの中身をみる
http://utsuwahonpo.com/
HOME 会社概要 ご利用案内 今季特価品 商品一覧 お問い合せ
全商品
特価品
刺身鉢
向付
小鉢
高台小鉢
小付
蓋付珍味
珍味
松花堂
蓋向
円菓子碗
むし碗
小吸物碗
セイロ・蒸し器
付出皿
さんま皿
焼物皿
焼物皿千代口付
焼物皿仕切付
串皿
仕切付オードブル皿
天皿_呑水
呑水
丸大皿
丸和皿大
丸和皿中
丸和皿小
のり皿・銘々皿
小皿
長角大皿
角大皿
角和皿中
角和皿小
萬古焼大皿
竹製品
変形和皿大
変形和皿中
変形和皿小
楕円鉢
大鉢
盛鉢大
盛鉢中
盛鉢小
焼酎サーバー・アイスペール
冷酒器
酒器
民芸酒器
ヒレ酒
ワイン・ぐい呑・盃
カンピン・骨酒
カスター
卓上小物
演出小物
灰皿
箸置
スプーン・レンゲ
そば用品
めん皿・めん鉢
蓋丼
飯器
小丼
茶碗・特大
茶碗・大中小
子供茶碗・子供食器
ビール・焼酎カップ
ロックカップ
ビビンバ・チゲ鍋
土瓶
急須
ポット
寿司湯呑
夫婦湯呑・夫婦茶碗
長湯呑
蓋付千茶
千茶・玉湯呑
抹茶碗
茶道具
汁次・アラ入れ
小鍋
土鍋
ごはん鍋
陶板・柳川鍋
アルミ鍋
鉄器・石板 他
蒸鍋・タジン鍋
コンロ用アミ・焼杉台
コンロ
土瓶むし
洋食・洋風珍味
洋食・仕切皿、ビュッフェ皿
洋食・プレート
洋食・ボール、鉢、小皿
洋食・パスタ皿
洋食・グラタン、ココット
洋食・スープ
洋食・無地コース料理食器
洋食・柄入コース料理食器
コーヒー・紅茶
カトラリー
ラーメン丼
中華・カスター
中華・コース料理食器
テーブルマット
ギンス
漆器
ガラス
ゆかた・履物
業務用家具
消耗品
今季特価品
今月の予定
来月の予定
営業時間AM9:30〜PM6:00

うつわ豆知識
うつわ概要
業務用食器について
釉薬(塗料)
模様
レイアウトの仕方
器の名前と用途

第三章 釉薬(塗装)

釉薬(ゆうやく)
鼠志野(ねずみしの)
鼠志野 紅志野と同じく鉄分の多い化粧土を施し、へらなどでその化粧土を掻き落とす。
その上から長石釉を厚めにかけると掻き落とした部分は土色が出て白く、鉄分の残った箇所は鼠色に発色する。

黄瀬戸(きぜと)
黄瀬戸 木灰を原料にした灰釉をかけて黄褐色に発色したもの。
素地に線刻を入れ酸化銅を打って緑色のポイントを表現したものが多い。
茶道具に好んで用いられる。

織部(おりべ)
織部 安土桃山時代に千利休に師事した古田織部が作らせた焼き物。
パサラといわれるように野趣に富み、くずした形が多い。
濃い緑は透明釉に酸化銅を加えて発色させる。
緑釉を抜いた部分に鉄絵を施した絵織部や全体に酸化銅の釉薬をかけた総織部などがある。

天目(てんもく)
天目 鎌倉時代に禅僧が中国の天目山で焼かれた黒褐色の焼き物を持ち帰ったことからこれを天目と呼ぶようになった。
黒い鉄釉がかかった焼き物を天目と総称し、鉄やマンガンなどによって、黒、褐色や、べっこう色などを発色する。

唐津(からつ)
唐津 九州の唐津で盛んに焼かれた焼き物。
起源は朝鮮にあるとされる為、伊羅保によく似ている。
木灰釉や長石釉の下に鉄絵を施した絵唐津や、わら灰釉をかけて釉の斑(まだら)むらが生じた斑唐津などが有名である。

灰釉(はいゆう)
灰釉 木灰などを熔剤として用いた釉で、植物灰が多く使われた。
近年は石灰釉が使用されることが多い。
窯内で薪の灰がかかり融けてできる自然釉も成分的にはこの灰釉となる。

自然釉(しぜんゆう)
自然釉 燃料の薪の灰が窯の中で焼成中の器に降りかかり、それが融けて自然に釉薬と同様の性質を現したもの。
信楽、常滑、丹波など本来は施釉しない焼き物に見られ、独特の景色をかもしだすわけである。

青磁(せいじ)
青磁 灰釉や素地の中に含まれるわずかな鉄分を、還元焼成することで青緑色や淡青色に発色したもの。
灰釉磁器から発達したもので中国では後漢時代に完成し、唐〜宋にかけて発達した。
無文様、文様を削りだしたもの、貫入のあるものなどがある。

粉引(こびき)
粉引 素地色を隠す為、白泥釉を流したり、器ごとどっぷりとつける手法。
粉を引いた感じ、又、粉を吹いたような感じのする所から、その名がついている。

青白磁(せいはくじ)
青白磁 純白の肌合いの白磁と、緑青色の青磁との中間の色調を現す磁器を青白磁や影青(いんちん)と呼ぶ。
透光性があり、硬質な磁器は一見冷たい印象があるが、青白磁にはやわらかな暖かさが感じられる。

御深井(おふけ)
御深井 尾州徳川家の御深井丸に窯があり、この名が付いた。
灰仕立ての御深井青瓷を主とし、やわらかな釉の感じが近年大きな人気を得ている。

均窯(きんよう)
均窯 中国河南省にあった窯で。この一帯を明代に釣州と言ったのでこの名があるといわれる。
乳青色の釉を厚くかけた青瓷が主で現在でも鉢などに多く見られる。

御本手(ごほんで)
御本手 桃山期から江戸初期、日本から茶碗などの手本(見本)を朝鮮に送り、釜山などで焼かれていた焼き物。
日本でも真似て焼かれるようになり、現在は赤みのある斑紋(御本)の出る焼き物を称することも多い。

かいらぎ手(かいらぎで)
かいらぎ手 釉が焼成不十分で、鮫肌状にちぢれたものを言う。茶人はこれを見どころとして珍重する。
現在は焼成するとちぢれるように調合した釉を用いる。

辰砂釉(しんしゃゆう)
辰砂釉 磁器に使用する色釉の1つで、銅を還元炎で焼成したもの。
血紅色に発色する。
もともと辰砂とは、天然の流化水銀を砕いた顔料であるが、色の似ているところからこの名がついた。

南蛮手(なんばんで)
南蛮手 備前、丹波、常滑などに多く見られる茶黒、又は茶褐色の無釉焼締め陶器で、水差など茶陶で珍重される。
近年、一般の食器にも多く見られ人気を得ている。

貫入(かんにゅう)
貫入 素地と釉薬の収縮率の違いから生じる、釉面のひびのことをいう。
自然に出るものと意図的に文様化したものとがある。
近年人気のある灰釉、ビードロ釉などに貫入の入ったものが多い。
HOME 会社概要 ご利用案内 今季特価品 商品一覧 お問い合せ

Copyright(C)2003-2005 うつわ本舗 All rights reserved.